悲しい記事を読みました。 - 介護のお仕事

メインインフォメーション

悲しい記事を読みました。


先日、とても胸の痛む記事を読みました。

地裁が泣いた介護殺人」10年後に判明した
「母を殺した長男」の悲しい結末



kaigo.png

2006年に起きたこの事件は、私も記憶に残っていました。

当時はまだ介護に全く関心もなかったけれど、
いずれ、自分の親が介護が必要になったとしたら、
自分はどうするだろうか・・と、考えたことを覚えています。

この事件、私は「介護に疲れた息子による犯行」
だと思っていました。

しかし、この記事を読んで、これは介護に疲れた末の
殺人ではなく、介護も生きることも続けさせてもらえなく
なったがゆえの「無理心中」だと思いました。

あまりにも悲しい年老いた親子の結末に、涙せずには
いられませんでした。

以下、ネット記事からの引用です。


『2006年2月1日、京都市伏見区の桂川の遊歩道で、
区内の無職の長男(事件当時54歳)が、認知症の母親
(86歳)の首を絞めて殺害、自身も死のうとしたが
未遂に終わった「京都・伏見認知症母殺害心中未遂事件」。

一家は両親と息子の3人家族だった。
1995年、父親が病死後、母親が認知症を発症。

症状は徐々に進み、10年後には週の3〜4日は夜間に
寝付かなくなり、徘徊して警察に保護されるようにもなった。

長男はどうにか続けていた仕事も休職して介護にあたり、
収入が無くなったことから生活保護を申請したが、
「休職」を理由に認められなかった。


母親の症状がさらに進み、止む無く退職。

再度の生活保護の相談も失業保険を理由に
受け入れられなかった。

母親の介護サービスの利用料や生活費も切り詰めたが、
カードローンを利用してもアパートの家賃などが
払えなくなった。

長男は母親との心中を考えるようになる。

そして2006年真冬のその日、手元のわずかな小銭を使って
コンビニでいつものパンとジュースを購入。

母親との最後の食事を済ませ、思い出のある場所を
見せておこうと母親の車椅子を押しながら河原町界隈を歩く。
やがて死に場所を探して河川敷へと向かった。

「もう生きられへんのやで。ここで終わりや」
という息子の力ない声に、母親は「そうか、あかんのか」
とつぶやく。

そして「一緒やで。お前と一緒や」と言うと、
傍ですすり泣く息子にさらに続けて語った。

「こっちに来い。お前はわしの子や。わしがやったる」。

その言葉で心を決めた長男は、母親の首を絞める
などで殺害。自分も包丁で自らを切りつけて、さらに
近くの木で首を吊ろうと、巻きつけたロープがほどけて
しまったところで意識を失った。

それから約2時間後の午前8時ごろ、通行人が
2人を発見し、長男だけが命を取り留めた。

京都地裁は2006年7月、長男に懲役2年6月、
執行猶予3年(求刑は懲役3年)を言い渡した。

冒頭陳述の間、被告席の長男は背筋を伸ばし、
眼鏡を外して右手で涙をぬぐう場面もあった。

裁判では検察官が、長男が献身的な介護を続けながら、
金銭的に追い詰められていった過程を述べた。

殺害時の2人のやりとりや、
母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい
という供述も紹介すると、目を赤くした裁判官が
言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるように
まばたきするなど、法廷は静まり返った。

判決を言い渡した後、裁判官は
裁かれているのは被告だけではない。
介護制度や生活保護のあり方も問われている

と長男に同情した。

そして「お母さんのためにも、幸せに生きていくように
努力してください」との言葉には、長男が
「ありがとうございます」と応え、涙をぬぐった。


この事件は、地裁が泣いた悲しい事件」として
日本中に知られることになる。

親子の境遇や長男に同情する声や温情判決に
賛同する声などが広がった。

それから約10年後の2015年。

毎日新聞大阪社会部の記者が、介護殺人に関する
シリーズ記事の一環としてこの長男への取材を試みた。

しかし弁護にあたった弁護士も行方を知らず、
数少ない親族を探し出して訪ねると、彼はすでに
亡き人になっていた。

事件の後の足跡について親族は口が重く、なぜ
亡くなったのかも不明のまま。

行き詰った末に探し当てた長男の知人という人に
彼の死を告げると、絶句して、判決後に長男が
落ち着いた先の住所を告げた。

やがて判明した死因は自殺だった。

琵琶湖大橋から身を投げたという。

所持金は数百円。「一緒に焼いて欲しい」という
メモを添えた母親と自分のへその緒が、身につけていた
小さなポーチから見つかった。

地獄を味わった彼の言葉やその後の人生が、
在宅介護に限界を感じ、絶望している人への
何らかの助けになるのではないか。

そう考えて必死に動いた記者を待っていた、
悲しすぎる結末だった。』

認知症になった母親の介護のため、職を辞し、
それゆえ、無収入になってしまった息子さん。

生活保護を受けようとしたのに、行政は休職を
理由に却下したり、失業保険を理由に認めなかったり。

哀れな親子が生きていく手段を、行政は奪ったのです。

裁判官が行ったように、まさに
「生活保護の在り方が裁かれている」と思いました。

私の家族に、今のところ認知症を患っている
人間はいません。

しかし、介護職をしていた時、嫌というほど
認知症のお年寄りのお世話をさせていただきましたし、
認知症患者の実態を目の当たりにしてきました。

認知症のお年寄りをお世話をする人はほんとに大変です。

認知症患者が徘徊する場合は、介護する人は、
目を離すことができません。

家族であるなら、仕事をすることもできなくなる
と思います。

この息子さんも、親を介護するために仕事を
続けることができなくなりました。

50代の男性にとってそれはかなりの勇気が
必要だったことでしょう。

毎日が大変だったにちがいありません。

でも、この息子さんは認知症の親の介護が辛くて
死を選んだのではないのです。

介護を続けていきたくても、介護するお金も、
生活するお金もなかったのです。

この親子が最後に交わした会話が悲しすぎます。

温情判決が出たにもかかわらず、彼はその後、
自ら命を絶ってしまいます。

息子さんの自殺・・それがさらにこの事件を
悲しいものにしてしまいました。

親を手にかけてしまったことで、罪の意識に
さいなまれていたのかもしれません。

このような悲しい家族をこれ以上、増やしては
いけないと思います。

ほんとに辛い事件でした。


kaigo1.png

介護殺人:追いつめられた家族の告白

このブログは人気ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

2016-11-22 | Comment(4) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明日香様 http://siawasekaigo.seesaa.net/ いつもお世話になっております。 既に看護師案件にて、弊社にてお取り組みを頂き有難うございます。 別案件とはなりますが、介護士案件というお勧め案件もございますので、是非お試し頂けないでしょうか? (https://www.rentracks.co.jp/) ==================== ■レバレジーズ株式会社 ■介護士求人【きらケア派遣】 ■https://kango-oshigoto.jp/hknlp/kiracare/002ac/00/00/00/ ■株式会社エス・エム・エス ■介護士新規応募プロダクト【カイゴジョブ】 ■https://www.kaigojob.com/visitor/prov?step=1&code= ■株式会社ラプラス ■介護の転職なら「介護キャリアプラス」 ■http://kaigo-careerplus.com/ ■以上でございます。 少しでもご興味をお持ちいただけましたら 下記連絡先までご連絡をお待ちしております。 何卒よろしくお願いいたします。
Posted by 株式会社レントラックス 川島 at 2016.11.28 06:09
レントラックスさま、いつもお世話になっております^^
わざわざブログの方に来ていただきありがとうございます。

そうですね。介護求人の方をもっとご紹介していこうと思います。
後ほどご連絡いたします。
Posted by 明日香 at 2016.11.28 19:05
ところで、もう介護の仕事には戻らないのですか?
Posted by えば at 2017.08.02 22:42
今主人が事故にあって入院中です。同じような怪我でビックリしました。ただ、うちの場合頸髄損傷がありますが…(排尿障害、手の痺れが出ています)
ご主人さまは今仕事復帰されているのですか?
Posted by ゆきじょん at 2018.01.06 09:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 介護のお仕事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。