介護の仕事を続けるには。 - 介護のお仕事

メインインフォメーション

介護の仕事を続けるには。


1週間ぶりに介護の仕事に行くと、たった1週間の間にも、
入居者さんには変化が生じていたりします。

・おなくなりになっているひと。
・入院してしまったひと。
・退院してきた人。
・ADL低下のため、対応が変わった人。
・重病が発覚したㇼ、余命宣告を受けてしまった人。
・新しい入居者さんや居室移動してこられた方。などなど。

特に私の持ち場である新館3階は誰もが認める
「一番大変なフロア」です。

正職員さんも「ここが一番きついよね」と、
3階新館夜勤になった職員さんは嘆いています。


前にも書いたかもしれませんが、今のホームは
1夜勤に4人の夜勤者がいます。

ナースは1人ですので、合わせると5人いることになります。

新館に正職員の夜勤者1人と私のような夜勤専門パート1人。

本館にも同様2人が勤務しています。

ですが、最も大変なのはこの新館の3階です。

どうしてここが一番大変なのかというと・・
簡単に言ってしまえば、介助しなくてはならない人が
一番多いからでしょう。

認知フロアということもありますし、それに加えて
自分ひとりでは歩いてトイレにも行けない人たちの数が
多いからです。

身体的には一応自立に見える人であっても、
認知症の進み方により、トイレ介助やお着がえの介助が
必要になったりします。

そういう方がたが一度でも転倒して怪我をしてしまうと
そのままおむつになってしまう場合もあります。

なので、日に日に大変になることはあっても決して
楽になるということはありません。

身体的にあまり手がかからないひとであっても、
徘徊してそこらへんで寝てしまったり、人の部屋に
入ろうとしたり、どこにでも放尿したり・・と、
手はかかります。

全介助での移乗が必要な人も9人と多く、
移乗するのに一部介助が必要な人は6人います。

一部介助のひとはほぼトイレ介助や更衣の介助も
必要なので、朝のモーニングケアが必要な人は、
15人いることになります。

以前、夜勤専門で働いていたホームの一番大変だった
1階とほとんど同じですね(^^;

今のホームで夜勤の仕事を行うようになってから、
いつも「どっちが大変か?」ということを自分なりに
考えていたのですが、要介助の人の数はほぼ同じなので、
忙しさや肉体労働的にはどっちも同じくらい大変だと
思いました。

ただ、今のほうが「楽?」に感じる部分もありますし、
今のほうが「大変」に思う部分もありますので、
単純に比較することはできないのですが。

今のホームの「ここは楽だな」と思う部分として、

・1夜勤の時間が8時間と短いこと。
・2階フロアの大変な人の体位交換や排せつケアは
2人介助で行うことができること。
・今のところ片麻痺の方はいない。
・1時間の休憩時間がしっかり確保できること。
・見守りの時間はステーション内のモニター観察にて
行うことができるので、座っていられる時間があること。
・正職員さんによっては朝の起床介助を少し手伝ってくれるので、
助かること。
・服薬介助や血圧・サチュレーション(Spo2」を計測すること
など行うことはない。(ナースがいるので)
・緊急搬送や夜間に起きる異常事態に自分が対応する必要がない。
(正職員&ナースがいるので)

こういった面は「楽だなぁ」と思ったりします。(*^-^*)

逆にここのほうが「大変」だと思う部分としては、
・(当たり前のことなのですが)入居者さんはみな
寝着に着替えて寝ているので、日常着に着せ替え
させなければならないこと。

これを15人分、1人で行うのはかなり大変です。

これをしている時間帯に起きてピッチを鳴らす
方も出てくるので、ピッチ対応しながらの仕事に
なることも多く、大変だな・・と思う瞬間です。

ある意味、以前いたホームの「ずさんさ」がわかりますが、
逆にいえば、以前のホームはそれだけナイトケアをしっかり
行えるだけの人手もいなかったのかもしれないです。

以前いたホームでは、夜勤者が入居者さんを
着せ替えさせるのは、主に失禁されたときくらい
でしたからね。(^^;

朝の起床介助時に更衣の介助をしたことはほとんど
ありませんでした。

あったとしても、14人も要介助者がいた割には、
2人くらいだったように記憶しています。

みんなパジャマではないもので寝ていましたもんね。

しかし・・こうして箇条書きで書いてみると、
同じ「大変」でも今のほうが楽なのかもしれないです。

前にいた有料老人ホームでの夜勤の仕事は、やっぱり
きつかったな・・と痛感しています。

今のほうが「楽」に思える点があんなにあるということは、
以前のところはそれ全部、逆だったということですから。

つまり・・
1夜勤17時間拘束だったこと。
休憩時間2時間と謳ってはいても実際にはコール対応で
追われてしまい、まともに取ることはできなかったし。

基本的にはどんな介助も自分ひとりで行っていましたし、
片麻痺の方は6人いましたし、みんな大きくて重たかったし。

見守りは1夜勤中、3回は実際に行ってこないと
なりませんでしたし。

夜間常駐ナースはいなかったため、緊急時の
対応はワーカーがしなくてはなりませんでしたし。

血圧やサーチもほぼ数人・・多いときは7人くらい、
定時には行わなければならなかったし。

今の方の夜勤専門パートは、同じフロアにある
食堂に起こして誘導して来れば、それで仕事は終わり。

何もアクシデントがない限り、7時には帰ることが
できます。

昨日は、本館から移動してきた入居者さんが、ひどい
便失禁で、その介助と始末で7:30になってしまいましたが。

週1の夜勤専門なら、行くときの「家にいたいな」という
葛藤さえ克服すれば、続けることはできると思います。

普段、フルタイムで昼間勤務している私にとって、
週末の土日は友達と遊んだり、家のことをしたり、
大好きなことを思いっきりできる貴重な時間です。

それの一部を削って、しかもこれからのんびりしたいと
思う夜の21時に家を出るというのは、毎回、
「行きたくないな・・やめちゃおうかな」という
誘惑にかられます。

一番つらいのはそこかもしれないです。

しかし・・行ってしまえばもうあとは仕事をするしか
ありませんので、何とかなります。

しかも、8時間勤務だし、前よりも今のほうが楽だと
思いめぐらすことにより、頑張ることができています。

細かいことを言えば今のところでも不満は出てくるし、
トランス移乗で、怖いな・・不安だな・・と感じることも
ありますが。

「まぁ・・どこもこんなもんでしょ」と思うことにしています。

在宅介護でも施設介護でも思うのは、
「一人で何でもやらなければならないと思うと嫌になる」
ということです。

在宅介護であれば、介護をしている家族の方は、
協力し合うことが大切ですし、介護者にいつも感謝し、
思いやりを示し、適度な休息を与えてあげなければ
介護者はつらくなって来ると思います。

施設で働くワーカーも同様で、大変なフロアを
まかされたワーカー1人になんでも押し付けるのではなく、
「手伝うね」という協力的な態度は絶対に必要だと
おもいます。

「あなたの仕事なんだから」という態度こそが、
介護職離れを引き起こすのではないかと思ったりします。

確かに同じ時間、それぞれに持ち場がありますから、
人のことをお手伝いするのは、「甘やかし」だとか、
「自分も大変なんだから」と思うかもしれません。

でも、ちょっとでいいんです。

起床時にたった1人を起こしてくれるだけでも違います。

ゴミ捨てをやってくれるだけでも助かるんです。

トランス移乗の時、不安に思った時には体を
支えてくれるだけでもいい。

そんな「小さなお手伝い」がワーカーにとっては
とてもありがたいのだということを、仲間がわかってくれて
いるだけで、続けられるものなんです。

今のホームでは比較的そういう感じの職員さんが多いです。

「3階はきついよね」

そういって朝、少しでも起床介助してくれると
ほんとに心から「ありがとうございます。助かりました」
と感謝の言葉が出てくるのです。

ひとりで行うと大変なことも2人で行えばそれほど
大変に思わなくて済むことって多いですから。

事情が許す限り、みんなが助け合っていくことが
介護の仕事を続ける上で大切なのかな・・って思います。


このブログは人気ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村


2016-01-25 | Comment(5) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「小さなお手伝い」いい言葉を見つけました。
私の働くリハビリ病院では、ケアワーカーの業務がきっちりと決められているのです。「でも、仲間なら、、小さな助け合いが必要!!」
そう、言うんだけど、、曖昧になるとか、甘やかすとかの意見もあります。仲間の助け合いは大事ですよね。絶対必要だと、言い続けていきます。
Posted by もりここ at 2016.02.02 23:00
もりここさん(^^)/
コメントありがとうございます。

リハビリ病院でお仕事をされているのですね。

小さな助け合い・・できるようでなかなかできないものかも
しれませんね。

みんなそれぞれが決められたことをするのは当たり前と
思っているでしょうし。

でも、自分だったらどうしてもらいたいだろうか・・と
思うとおのずと他の人が大変など気は見て見ぬふりはできないですよね。

私も2階で見守りの時間に、3階が大変になった時は、お手伝いに
行きました。

すると「ありがとう助かったわ」といわれ、やはりみんな
お互いさま・・っていう気持ちが人間関係もよくなる気がしました^^

大変でしょうけど、小さなお手伝いが浸透するよう、頑張ってくださいね^^
Posted by 明日香 at 2016.02.02 23:21
明日香さん、お久しぶりです。
職場での少しの助け合いって大切ですね。私はグループホームで人数も9人で少いので全然違いますが、夜勤明けの時、5分でも早く来てくれたら嬉しいし助かります。一人だけギリギリじゃないと業務に入らないスタッフがいます。遅刻では無いので、気持ちの問題ですね。
1つ報告が、認知症実践者研修に行けて先月修了しました。ものすごく勉強になりました。
Posted by 福ちゃん at 2016.02.06 22:48
明日香さんお久しぶりです。
スタッフ同志助け合うのは当たり前だと思います。でも色々な人がいるので、それが普通だと思ってもダメなんですね。私自信、自信が無いのにリーダーになって、毎日大変です。皆しっかりしていて介護年数も4年で少いので皆に頼ってばかりです。気持ちはメチャクチャ頑張っています。
あっ、この前認知症実践者研修が終わりました。本当に勉強になりました。
Posted by 福ちゃん at 2016.02.06 23:03
福ちゃん(*^-^*)
お久しぶりです。
元気で頑張っていますか?

そっか・・リーダーさんになっちゃったんですね。
大変でしょうけど福ちゃんならきっといいリーダーに
なると思います。

>職場での少しの助け合いって大切ですね。

そうですね(*^-^*)

職員のためだけでなく、当たり前のことですが、
入居者さんのためにもいいことだと思います。

>私はグループホームで人数も9人で少いので全然違いますが、
>夜勤明けの時、5分でも早く来てくれたら嬉しいし助かります。

そうですよね^^
わたしも起床介助を1人でもやってくれるだけで、
助かりますもん。

でも今日の早番さんは違いました。

○○さんと○○さんが起きてないですけど・・って、
できてないことを見つけては指摘するだけで、起こしに行こうとか、
(声をかけるだけで大丈夫な人達なんですけどね)
声掛けしに行こうとか、そういう気持ちはないんです。

声をかけに行くだけなら早番さんがしてくれてもいいのにな・・
こっちはそうでなくてもトランス移乗したりで大変なのに・・って
思っちゃいました。

時間内にできるならとっくにやっていますよね。

何しろ移乗介助者が多いから大変なんですよ。

車いすの装備もしなくてはならないし。

起床に行くと排便している人もいるから結局、
取り替えなくてはならなくなったり。

そういう「忙しさ」とか「大変さ」を理解しようとしない
スタッフがいるんですよね。

>スタッフ同志助け合うのは当たり前だと思います。でも色々な人がいるので、
>それが普通だと思ってもダメなんですね。

そうですね(^^;
期待しなければいいだけなんでしょうけど。

自分だったらお手伝いするのに・・って思うから、
みんながみんな自分と同じではないということですね。

>この前認知症実践者研修が終わりました。本当に勉強になりました。

そうでしたか。
私もそれお勉強したいです^^
介護福祉士だけなんですか?
Posted by 明日香 at 2016.02.07 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright © 介護のお仕事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。