「認知症」の利用者さんたち。 - 介護のお仕事

メインインフォメーション

「認知症」の利用者さんたち。

今月も無事、1ヶ月勤めることができました。


今日は、仕事が終わってから3階のスタッフで
「クリスマス」の飾り付けを行いました。


普段は厳しいことを言う先輩も、今日は楽しく
飾り付けを一緒に行いました。


老人ホームってこういうイベントになると、
すごく力を入れて頑張るんですね。

びっくりしました。


幼稚園よりも派手かもです。


明日、朝起きたときの入居者さんたちの
反応が楽しみです。

介護の仕事をするようになって、「認知症」という
病気にはいろいろな症状があるんだな〜と思いました。

面白いって言ったら申し訳ないですが、「憎めない」
というか、「可愛い」というか(^_^;)


やはり面白いです。

例えば、トイレやお風呂に誘導しようとすると
決まって、「さっき行ったばっかりよ」という
入居者さんがいます。

[Mさん、おトイレに行きましょう」
「さっき行ったばかりよ、何も出ないわよ!」

そう言うくせにトイレに座らせるとおしっこを
漏らしたり大便までしたりします。

お風呂に連れて行くとその方はすごく拒否するんです。

「さっき入ったばかりよむかっ(怒り)
私「入ってない入ってないふらふら
「ダメよ、私は今日は入れないの。月経だからむかっ(怒り)
(89歳のおばあさんの言い訳としては笑えますよね)
私「月経じゃないから大丈夫わーい(嬉しい顔)

とにかくいろんな理由をつけて拒否をします。

しまいには「入らないって言ってるでしょう!
助けて〜もうやだ〜(悲しい顔)」と騒いで抵抗したり。

始めの頃は、そんなおばあさんが怖くて、
先輩に「Mさんが入らないって言ってるんですけど・・」もうやだ〜(悲しい顔)
と弱気になっていいに行ったものでした。

でも3ヶ月も経つと私も図々しくなったもので、
「はいるよ〜」わーい(嬉しい顔)の一点張りで、どんどん脱がせてしまいます。

「ひどいことするね〜」がく〜(落胆した顔)と文句を言いますが、
私のペースでどんどんお風呂に入れてしまいます。

もちろん、同じ拒否でも、相手の性格によっては、
そんな強引な事はできませんが。

この利用者さんは多少強引でも大丈夫なんです。

実際にお風呂に入れてしまうと文句を言いながらも
最後には気持ちよくなるとおとなしくなり、
出る頃には「ありがとうございました」と
お礼まで言ってくれるのです。

かと思えば、さっきお風呂にはいったばかりなのに、
「私はお風呂にはいったっけ?」とか、
「今日はまだご飯食べてないよ」といったおばあさんもいます。

そのほか、ひとつのことを気にし始めると、
一日中そればっかり言っている人もいます。

「気持ち悪い」を言い始めると朝から晩まで
「お姉さん、気持ちが悪いんですけど、助けてください」と、
いい続けます。

看護師をよんで見てもらっても、バイタル測定しても
どこも異常がないのに、言い続けます。

いくらスタッフがなだめても言い聞かせても
「わかりました」といったそばから同じことを
まるで九官鳥のように繰り返します。


みんなで「あ〜また”気持ち悪い”が始まった・・」と
苦笑いしてしまいます。

認知症といっても本当いろいろです。

でも、そんなおばあさんたちのことを可愛いと
思えるから、介護の仕事は続けられるんでしょうね。








2013-11-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 介護のお仕事 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。